ローン基本のキ☆

不動産担保ローンあれこれ

不動産担保ローンの概要に関してどのようなものなのか、また借りた際、返却できない場合には個人再生システムでも不動産を不動産を失うことを解説しています。

メインイメージ

ローン基本のキ☆

不動産担保ローンですが、どういうものかといえば所有している不動産、もしくは家族や第三者から提供された不動産を担保として借り入れ可能なローンで、無担保ローンに比較して低金利で高額融資ができ、返済期間が20年以上長く設定できることが可能です。

借入審査の主軸は不動産の評価なので、無担保ローンでは審査不可な場合でも不動産担保ローンであれば融資可能な場合があります。

不動産担保ローンの耳寄り情報ならコチラも。---http://halfmoonoxford.com/---

無担保のキャッシングなどは、その人が支払える能力があると仮定して貸し出すものなので限度金額が小さいケースが多いですが不動産が担保となることでまとまった金額の貸し出しが可能となります。

ただし、不動産を持っていればすべてOKというものでもなく、担保とする以上その価値を認めてからの貸し出しとなり、その評価金額で借り入れ金額が決定します。

しかし、「不動産を担保としたローン」である以上返済できない場合にはローンを貸した金融機関が担保の不動産を売りその金額からローン金額を回収することになるので当然担保とした不動産は失われることになります。

また、不動産の価値が下がっていてローンの返済金額に達しない場合には差額を返済する必要もありますし、個人再生制度を利用したいと思っても不動産担保ローンの場合には救済措置が適用できませんので利用する際にはよくよく検討してみましょう。